「青天を衝け」に期待

 第60作に当たるNHK大河ドラマ、「青天を衝け」がスタートした。前作「麒麟がくる」の戦国時代から今度は動乱の幕末~明治期に移り、主人公は近代日本資本主義の父・渋沢栄一。2024年度から福沢諭吉に替わって新1万円札の顔になる人物だ◆それにしても前作といい、今回といい、「独眼竜政宗」「武田信玄」などのように主人公の名前の入らない、内容を象徴的にワンフレーズで表現するという凝ったタイトルが続いている。「青天を衝け」とは、渋沢栄一が詠んだ「青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、白雲をつきぬける気力で手に唾して進む」という意味の漢詩からとられたそうだ。「衝く」は「突く」と違い、「不意を衝く」「核心を衝く」など、形のないものを対象とする。「意気、天を衝く」という言葉があるように、鋭く勢いを感じさせる言葉である◆第1話の平均視聴率は20・0%。初回が20%の大台に乗るのは、2013年の「八重の桜」以来8年ぶりだという。まったく根拠はないが、タイトルの印象も人の心をひきつけたのではないかという気がする。筆者自身、タイトルが発表された時からその言葉に心ひかれていた。どこまでも青く高い空に向かって突き抜けるような、意気盛んな若者の志。1年以上に及ぶコロナウイルス禍の閉塞感を打ち破り、どこまでもぐんぐん突き進んでいきたいと願う人々の心をも代弁してくれているようだ◆渋沢栄一に関しては勉強不足であまり予備知識がないが、幕末から明治という価値観が180度ひっくりかえった特異な時代を駆け抜け、昭和初期まで生き抜いて大きな仕事を成し遂げた人物であることは間違いない。いまという困難な時代を生き抜く、活力をくれるドラマであればいいと思う。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る