自分や家族の歴史を記す

 新年を迎えると、新しいことを始めたくなったり、抱負や目標を掲げる人が多いからか、毎年、通信教育講座のCMをよく目にする。これ以外にも運動やダイエット、新しい趣味など達成できるかどうかにかかわらず、「今年は!」と一歩踏み出し、自身を成長させようと思える人は素敵だと思う。

 成長ではないが、筆者も今年に入り、新しく始めたことがある。日記ならぬ家族記をつけること。昨年は結婚して15周年で「あれは何年前だったっけ?」「すっかり忘れていたけど、そんなこともあったな」と薄れる記憶。覚えていたいことや、あとになって振り返りたいことを短い文章で書き残しておくことにした。書き始めるにあたり「大事に楽しく書きたい」と、特別な感じのする厚い表紙のかわいい日記帳を探して購入。結婚前の思い出深いことや結婚後の出来事など時系列に思い出しながら書き始めた。書きながら「あっ、あれも書いとこう」と後から思いつき、修正テープだらけでさっそく特別感はなくなったが「楽しいこと、悲しいこと、いろいろあったな」としみじみ。

 日記帳をネットショップで検索していたとき「自分史ノート」というのを見つけ、筆者が求めているようなものかと見てみると終活で書くエンディングノートの一種だった。自分史を遺され読んだ人の感想が「家族の財産」「どう生きたのかよくわかった」などと紹介されていた。書く方も脳の活性化、認知症予防、新たな目標や生きがいの再発見などが期待でき、推奨されている。

 どんなに平凡でも人生の主役は自分。過去を懐かしむのは意外とおもしろいし、書いておきたいことだけ書くので楽しい作業。いつか手にして読んだ人に、恥ずかしくないよう生きたいとも思う。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る