生まれ変わったみたいやな

写真=新しくなった3体の木像を見つめる赤松さん㊧と柴田さん

 みなべ町清川の本誓寺「ふるさと道場」近くのお堂に安置しているマリア像や観音像など3体の木像が、約30年ぶりに色直しされた。

 3体とも、同寺前住職の赤松宗典さん(72)所有で、親交のある秋田県の中川信行さん(79)が30年ほど前に彫った木像。マリア像は、1990年1月、風邪をこじらせて急逝した赤松さんの一人娘だった真理子ちゃん(当時9歳)をイメージ。観音像は、赤松さんと親交がある沖縄県糸満市の男性の一人息子だった春夫君がモチーフ。春夫君は91年3月、骨髄性白血病で16歳で亡くなった。短い命で亡くなった子どもたちが天で結ばれてほしいと、並べて祀ることにし、中川さんが制作を担当した、思いのこもった木像。92年からお堂を建立して安置している。小さい子どもの像は、少し後に田辺市内で交通事故で亡くなった子どもを追悼しようと彫られ、一緒に祀られている。

 30年近くたって色が薄れ、老朽化していた。話を聞いた龍神村を拠点に活動するエアブラシアーティストの柴田友助さん(65)が色直しを担当。表情もこれまでより明るく、色も光沢のある美しい仕上がりとなった。

 赤松さんは「親として感無量。新しい息吹をいただけるとは思ってもみなかった。宗教に関係なく、世界平和のシンボルとしてこれからも残していきたい」と感激。柴田さんは「暗いニュースが多い中、少しでも明るくなれば」と願っていた。

関連記事

フォトニュース

  1. 来年はボクらの年だよ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る