海の勇者が愛したキンセンカ

写真=ふれあいセンターの花壇で咲き始めたキンセンカ

 美浜町の日ノ御埼沖で日本人遭難者を助けようとして亡くなった海の勇者、デンマーク人のヨハネス・クヌッセン機関長の命日(2月10日)を前に、日高町ボランティア協議会が昨年11月、町内の公共施設の花壇に植えたキンセンカが咲き始めた。

 キンセンカはクヌッセン機関長が好きだったという花。2007年の没後50周年記念で前町長の故中善夫氏らが同国を訪ねた際、生まれ故郷のフレデリクスハウンの市長から友情の印としてキンセンカの種を譲り受けた。協議会などが栽培し、咲き終わったあとに種を採取しながら毎年きれいな花を咲かせている。昨年もふれあいセンター、小中学校、中央公民館などに植えていた。

 ふれあいセンターの駐車場にある花壇でもちらほらとオレンジや黄色の花が開花し、施設利用者らの目を引いている。3月末ごろまで楽しめる。

 クヌッセン機関長は1957年2月10日、火災を起こした日本の木材運搬船を発見し、海に落ちた日本人船長を助けるために飛び込んだところ、荒波にのまれて亡くなった。機関長の遺体と救命艇が流れ着いた日高町の田杭地内には供養塔が建てられ、毎年命日には美浜町の日ノ岬パーク内クヌッセンの丘で慰霊献花の集いが行われている。

関連記事

フォトニュース

  1. 春告げるツクシがニョキッ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る