梶原土建の弓倉さん 安全優良職長大臣顕彰

写真=顕彰状を手に弓倉さん㊨と梶原代表

 作業の安全確保に優秀な成績を挙げた「職長」をたたえる今年度の安全優良職長厚生労働大臣顕彰の受賞者が決まり、日高地方から株式会社梶原土建リサイクルセンターの工場長弓倉守一さん(51)=御坊市湯川町富安=が選ばれた。勤続31年の弓倉さんは工場長として部下らへの安全指導、教育に尽力。取引業者の運転手に対する安全確保に努め、無事故無違反に貢献している。

 職長は、事業場で部下の作業員を直接指揮監督し、作業の安全確保に責任を持って、第一線で安全を実現する監督者。「安全のキーパーソン」といわれる。顕彰制度は1998年度にスタートし、今回は優れた技能と経験を持ち、担当する現場や部署で作業の安全を確保して、優良な成績を挙げた全国の113人を安全優良職長として、厚生労働大臣が顕彰。県内からは弓倉さんを含めて2人が受けた。

 弓倉さんは20歳のときから同社に勤め、家屋の解体業務等に従事。2002年3月、御坊市湯川町富安にセンターが竣工してからは、職長として重機オペレーター、廃棄物等選別作業、従業員らへの安全指導・教育を行っている。

 工場内美化指導責任者として事故防止のために廃棄物等置き場の整理整頓、重機全般指導責任者としてショベルカーのメンテナンスやオペレーションの指導を実施。工場長としては取引業者の安全を確保するため、機械のメンテナンスや扱い方、施設の衛生管理等の指導を行うミーティングを開いている。

 センターは建設・解体現場で出たコンクリート、アスファルトのガラやがれきを破砕し、再生砕石(リサイクル砕石)に製品化。ガラを持ち込むダンプは多いときで一日170台に上るという。従業員はもちろん取引業者の安全が第一。工場内の交通整理も行い、安全管理を徹底している。

 今年度は新型コロナウイルスの影響で顕彰式典が実施されず、届いた顕彰状を手に弓倉さんは「光栄です。これからもお客さんをはじめ、安全第一でやっていきたい。私以外の部下らも顕彰を受けられるよう、安全指導・教育に努めたい」。同社の梶原亘理代表取締役(74)も「創業約40年、本当にありがたいこと。これからもお客さんや従業員の安全に目配りし、頑張っていきたい」と笑顔を見せている。

関連記事

フォトニュース

  1. ゴミ拾いはスポーツです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る