新春賀礼会 上西会頭が決意新た

 御坊商工会議所、紀州新聞社、日高新報社主催の新春賀礼会が4日、御坊商工会館で開かれ、日高地方の政財界から125人が参加した。新型コロナウイルス感染症拡大防止のため対策を徹底。上西一永会頭は今年12月に完成予定となっている印南までの高速道路4車線化に魅力発信の好機と期待を込め、地域の発展へ決意を新たにした。

 主催者を代表して上西会頭は、コロナや異常気象に触れた後、「2021年は印南町まで高速道路の4車線化が実現されます。コロナ感染症の終息が前提ですが、ますます和歌山県に多くの人が往来し、大きく発展することが期待されます。しかし半面、紀南地域への集中も懸念され、この紀中は置き去り、素通りされる可能性があります」と強調。「紀中にも歴史、魅力ある自然と多くの素晴らしいものがあります。今まで身近にありすぎて気づかなかった新たな魅力を発見し、私たちの『紀央文化』をアピールする絶好のチャンスが来ていると思います」と力を込めた。

 続けて「(日高地方の)1市6町が線で結ばれ、各商工会、商工会議所が個性を生かしながら、連携できれば一大経済圏の構築も夢ではないのではないでしょうか。商工会議所としてもこの試練を克服すべく、会員の皆さまとともに考えてまいりたいと思います。地域の発展のために知恵を出し合い、皆さまのご期待にお応えできるよう努力してまいります」。最後に「皆さん、コロナと戦いましょう」と拳を突き上げた。

 国会議員や日高地方の首長、県議、御坊市議らも出席。自民党の鶴保庸介参院議員、御坊市の三浦源吾市長が祝辞を述べ、松本隆史市議会副議長の発声で乾杯、今年1年の飛躍を誓った。

 新型コロナ対策で国歌「君が代」や唱歌「一月一日」の合唱は声を出さず、「心の中で唱和」。例年の会食は行われず、お開きとなった。

写真=今年1年の飛躍を誓う上西会頭

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る