思ったより広いな~

 印南町、印南中学校3年生の「楽しく学ぶ防災おすそ分け講座」が21日、印南小学校の3・4年生48人を対象に開かれた。

 印南中では防災について学んだことを自分たちが講師となって小学生に教えようと、毎年講座を開講。今年の3年生は1泊の避難所生活を体験する防災キャンプなどに取り組んで、昨年12月には「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)のぼうさい大賞を受賞している。

 講座では岡本亜結奈さん、山本玲奈さん、井川咲世さん、森心羽姫さん、保川惺奈さん、樫尾咲依里さん、周家大輝君、木下航希君が講師となって、最初に防災キャンプについて紹介し、夜道の避難路は街灯が少なく、ふたのない溝など危険な箇所があることを指摘。かまどベンチでの火おこしやペットボトルの水一本で食事や歯磨きまでしたこと、女子は屋内の段ボール間仕切り、男子は屋外の1人用テントで宿泊したことなどを説明。「避難所生活の大変さと協力する大切さを学びました。災害は避けられませんが、備えておけば被害は少なくできます。皆さん、避難バッグは用意していますか。いまの時期ならマスクやカイロも必要です」と呼びかけた。

 防災クイズでは防災の日(9月1日)、世界津波の日(11月5日)などが出題され、「エレベーター内で地震が起きたらどうしますか」については「全ての階のボタンを押して、最初に停止したところで降りる」とした。2011年から毎年生徒が自作している防災紙芝居の披露もあり、今年は「つなぐ~犠牲者0を再び~」と題して宝永の南海大地震を描き、避難することの大切さを訴えた。

 実習では防災キャンプで男子が寝泊まりした1人用テントの組み立て方を実演。児童がテント内に入って、広さや寝心地も体験した。車椅子の使い方についても指導した。

 印南小3年生の坂口綸さんは「災害に備えて避難バッグを用意しておこうと思います。テントの下は冷たくて、あまり眠れなさそうに感じました」と話していた。

写真=印南中生と防災キャンプで使ったテントに入る児童ら

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る