常に勉強、人生の鑑

 「文句言うだけだったら誰でもできる。議員なら、あかんて言うだけじゃなくて、こうした方がいいんじゃないかとか、代替案をしっかり示さなあかん」。23年ほど前、筆者が駆け出しのころ、初めて担当した美浜町で当時町会議員を務めていた児玉五郎さんが言われていた言葉である。議会の仕組みなど勉強不足で無知だった筆者が、いろんなことを教えていただいた、社会人になってからの恩師の一人である。児玉さんが97歳で亡くなった。訃報に触れ、冒頭の言葉がまず頭に浮かんだ。

 美山村出身。高知県で木材関係の仕事に長らく携わり、57歳で定年退職した次の日から美浜町吉原に住み、町会議員を2期務めた。愛していた松林を切ることに反対したり、煙樹ケ浜の砂浜が後退していることを危惧するなど、さまざまな問題について当時の成瀬峯次町長と一般質問でやり合っていた姿が目に浮かぶ。筆者は議員としては最後の2年間だけを見させてもらったが、最も印象に残っている方である。信念を持って、おかしいと思うことははっきりと声に出せる、数少ない方だったことは間違いない。

 ご遺族の方の話では、亡くなる直前まで病院の看護師さんに冗談を言っていたというから、五郎さんらしい。生前、吉原に来てから、大好きな鮎釣りをして、政治にも携わり、人生でやりたかったことを全部できたと言っていたという。忖度という言葉とは無縁、常に勉強する姿は人生の鑑(かがみ)。今年になって詠んだ辞世の句があると、元同僚議員の方に教えてもらった。「旅立てど 三途の川に鮎棲めば 釣り竿取りに帰りくるかも」。まちの発展をこれからも高いところから見ているだろう。襟を正さなければしかられそうだ。ご冥福を祈ります。    (片)

関連記事

フォトニュース

  1. 山も車両も気をつけましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る