安野光雅さんが遺した言葉

 幼い頃から絵本は好きで家にたくさんあったが、字のまったくない、文字通りの「絵本」はそうそうなかった。福音館書店の「旅の絵本」「旅の絵本Ⅱ」の2冊だけで、著者は先日他界が報じられた安野光雅さん◆「旅の絵本」は一つも言葉がないのに、読み終わるまでには時間がかかる。見開きいっぱいの風景にちょっとした仕掛けがある。馬に乗った旅人がどのページにもいるが、それだけではなく、ページをめくり次の景色が現れても、前と同じ箇所にキーポイントの鳥や動物が残っていたりする◆名画や物語の一場面がさりげなく紛れ込んでいるのもお楽しみ。畑の隅に大きなカブを引っ張る老夫婦や犬や猫がいたり、木の下で本を読む姉妹がいる。よく見るとそばに時計を気にするウサギがいるので不思議の国のアリスだと分かる。ミレーの「落穂拾い」や「晩鐘」をそっくり再現した人々もそこここに小さく描かれる。挙げていくときりがない◆訃報を聞いて絵本を探し、当時読んでいなかった「あとがき」を読んだ。「迷いながら、はるばる旅をしました。あまり困ったときなどは、旅に出たことを後悔するほどでありました。しかし、人間は迷ったとき必ず何かを見つけることができるものです。私は見聞を広めるためではなく、迷うために旅に出たのでした」◆風景を隅々まで眺めると、最初に一見した時とは違う世界がだんだん見えてくる。「旅の絵本」のその楽しみは、道に迷った時にも通じるのだろうか。迷った時、人は何度も何度も周囲を見直しては、正しい方向を探す。40年以上前の安野さんのこの言葉は、正解の見えない不安の中で新しい生活様式を手探りする我々に、何か希望を与えてくれるようだ。「迷ったとき必ず何かを見つけることができる」。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 玉に全集中してな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る