危機感薄れてませんか?

 東京や大阪でのコロナ感染が急拡大し、県内でも年明けからほぼ連日二桁台の新たな感染者が出ている。国内では昨年1月6日、中国武漢市に渡航歴のある男性からコロナを初確認して以降、じわりじわり拡大していき、政府はゴールデンウイーク前の4月7日、東京、大阪、兵庫など7都府県を対象に緊急事態宣言を発令。16日には全47都道府県に拡大し、5月14日に解除。この頃はマスク着用や消毒はもちろん、外食の自粛など、国民全体の危機意識が高かったように思う。

 空気が乾燥する冬の時期は感染が増えると懸念はされていたが、第三波と言われる現在の感染急拡大の背景には、何か気の緩みが出ている気がする。テレビニュースをみると、首都圏では時短営業により、夜遅くまで飲みに行けなくなっているが、それなら店が開いている時間帯に飲みに行けばいいとばかりに、昼飲みする人の姿も。例え昼であろうが夜であろうが、集団での会食は感染リスクが高いのは当たり前。高齢者以外は症状が軽症だったり、無症状だったりすることも多いので、徐々に危機意識が薄れているのだろうか。

 県内でも首都圏に緊急事態宣言が出された今月8日に和歌山市内で一緒に会食やカラオケをしていた20代の国家公務員や東京から来た人ら4人の陽性が判明。国の分科会が自粛を求める「5人以上の会食」には当たらないし、緊急事態宣言は他の地域だからと、高をくくったのか。遊びたい気持ちも分かるが、少し羽目を外し過ぎたのかもしれない。全く出口の見えないコロナとの戦い。菅首相のリーダーシップとさらなる手厚い支援を待ちつつ、とにかく耐えるしかない。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る