バスケの盛り上がりに期待

 映画の興行収入が320億円を上回って国内歴代1位になり、社会現象を起こしたアニメ「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」。遅ればせながら、昨年のテレビ放送を録画で見始め、一日2話から4話程度で第14話まで見終わった。個人的にはいまのところ、ハマるまでに至っていない。

 アニメといえば、先日、1月23日に封切りが予定されていた「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」4作目の「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の公開が、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言を受けて再度延期になった。同作は昨年4月にも新型コロナの感染拡大を受けて6月の公開見合わせを発表。一方それに先立ち、1990年代に空前のバスケットボールブームを巻き起こした漫画「スラムダンク」の新作アニメ映画の製作が発表された。

 同作は96年まで「週刊少年ジャンプ」で連載、単行本は31巻まで発売されており、国内のシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上。高校時代にバスケをかじっていた筆者も全巻を何度も読んでおり、前出の「エヴァンゲリオン」や最終話までのカウントダウンが始まった漫画「進撃の巨人」と同じように楽しみが増えた。

 バスケの話でいうと先日、日高川町の和歌山南陵高校で創部1年目の男子が県新人大会で優勝。日高地方勢の男子優勝は1992年度の日高以来28年ぶりとなる。同校の増井拓也監督は「地元で応援してもらえる、南陵でバスケをやりたいと思ってもらえる、地域に愛されるチームにしていきたい」。もちろん他の学校を含めて応援したいと思うと同時に活躍と、アニメの人気やブームのような地元の盛り上がりに期待したい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 渓流の女王 アマゴ解禁

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る