コロナ終息の願いを込めて

写真=お焚き上げの火にお札などを入れる氏子ら(御坊の小竹八幡神社)

 小正月の15日、御坊市薗の小竹八幡神社(小竹伸和宮司)や印南町印南原の大歳神社(平野聖翔宮司)で、古いお札やしめ縄を焼く「どんど焼き」が行われた。

 小竹八幡神社では本殿から火をとり、境内でお焚き上げ開始。午前5時から、御坊祭有志の「金太郎会」(塩﨑弘直会長)や地域住民らが手伝い、持ち込まれたお札やしめ縄を入れていった。

 午前7時ごろを過ぎると、氏子らがお焚き上げするものを持ち込みに参拝。炎は勢いよく燃え、辺りは熱気に包まれていた。小竹宮司は「これで新年行事も終わり。コロナ感染症が一日も早く終息し、いい年でありますように」。塩﨑会長も「昨年は祭りが神事だけになってさみしかった。今年は何とかできたら」と願いを込めていた。

 印南の大歳神社でも古神札焼納式(どんど焼き)が行われた。古い神札やしめ縄飾りなどが境内の斎場に積み上げられ、平野宮司と平野聖也禰宜が神事を行ったあとで小たいまつの忌火(いみび)で点火。太鼓が打ち鳴らされる中、勢いよく燃え上がり、参列者が玉串を捧げた。

 お神酒やぜんざいも振る舞われ、平野宮司は「コロナ禍の中で参列者が少なかったが、穏やかな天候に恵まれて神事を執り行うことができました。古来よりどんど焼きの火にあたると、1年間無病息災で過ごせると言われています。どうかコロナにかからず、健康に過ごしてほしいと思います」と話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. 春告げるツクシがニョキッ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る