コロナ乗り越える団結を

 首都圏4都県に加え、大阪、京都、兵庫など7府県が緊急事態宣言対象区域に追加された。全国のコロナ感染による死者数は4000人を超え、毎日増えていることに胸が痛む。感染者が増えれば重症者の割合も増えるのは当然。和歌山県内は近隣府県に比べればまだ少ないものの、感染者は増加しており、予断を許さない。全国的な状況を見る限り、緊急事態宣言が全国を対象とされるのも時間の問題かもしれない。ただ、宣言の有無にかかわらず、少しでも感染リスクを避ける行動を今一度心がけたい。

 今年はコロナ禍で迎えることになる、阪神淡路大震災から17日で26年となる。40代半ばの筆者が生まれて初めて経験した未曾有の災害といえばこの大震災である。大阪にいたため大きな被害はなかったが、テレビから流れる被災状況はとても現実のものとは思えなかったのをはっきりと覚えている。そして10年前の東日本大震災、まだ道半ばなれど、着実に復興が進んでいる。その後も紀伊半島大水害など甚大な被害を及ぼす、未曾有の災害は近年頻発している。多くの尊い命が犠牲になった。そして悲しみを乗り越え、前に進んできた。「頑張ろう、ニッポン」のように皆が団結したからだろう。

 今、コロナという未曾有の災厄、これまで乗り越えてきた災害の時とは様相が違う。災害とウイルスは根本的に形態が違うので仕方ないが、団結して乗り越えようという雰囲気はそれほどでもない。敵はウイルスのはずなのに、感染者ら人への攻撃が目立つ。この踏ん張りどころを乗り切るため、国などトップの強いリーダーシップと、人々の団結力が求められているような気がする。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る