みなべで認知症予防の集い

写真=あやとりに夢中になる参加者

 みなべ町が認知症予防の一環で今年度から初めて取り組んでいる「思い出話の会」が好評だ。今月14日からスタートし、3月まで全6回行う事業。28日には第2回が開かれ、今回は「子どものころの遊び」をテーマにフリートーク。持参したあやとりやお手玉を手に、子どもの頃にタイムスリップしたように、童心に帰って笑顔いっぱい楽しむ姿がみられた。

 思い出を誰かに話し伝えることで普段は眠っている記憶がよみがえり、脳が活性化することで認知症予防やうつ症状の改善に効果があるといわれていることに着目し、初めて取り組むことになった。自分の人生を振り返るきっかけになったり、自分を語るということにリラクゼーション効果があり心の健康の向上にもつながると期待されている。

 65歳以上を対象に昨年12月に参加希望者を募集し、65歳から80歳の女性10人が集まった。6回のうちに幼少期、青年期、現在、未来と段階を踏んで記憶をたどっていくことになっており、第1回は幼少期をテーマに記憶を回想。「汲み取り式のトイレ掃除では、桶へ入れて畑にまいた」など昔話に花を咲かせて盛り上がった。

 2回目はまず、2人1組になって互いに誉め言葉を交換。マイブームについて1分間紹介しあったあと、今回も幼少期をテーマに子どものころの遊びについてトークを展開。「体が弱くて外で遊べなかったので、家の中で人形遊びをしていた」「子どものころは、あやとり、ビー玉、メンコでよく遊んだ」などと鮮明な記憶がよみがえり、昨日のことのように話しながら実際にあやとりをして夢中になっていた。

 町内の女性(79)は「昔のことがはっきりと思い出されます。頭の隅にあったことがよみがえってきて、すごく楽しい気持ちになります。こんな機会を作ってくれてありがたいです」と笑顔で話していた。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る