陸自和歌山駐屯地の横内3等陸曹がレンジャー合格

 有事の際、最も危険で困難な任務を与えられる陸上自衛隊の精鋭部隊「レンジャー」の訓練が兵庫県の伊丹駐屯地で行われ、美浜町の第304水際障害中隊・和歌山駐屯地の横内力也3等陸曹(22)=岸和田市出身=が訓練を修了。9日、同駐屯地に帰還し、3カ月の想像を絶する訓練を耐え抜いた横内3等陸曹を約100人の隊員が出迎えた。

 レンジャーは、食糧補給が困難な戦場で敵陣深く侵入し、通信施設や弾薬庫など重要施設の攻略を任務とする少数精鋭部隊。自衛隊の中で最も過酷な訓練を完遂した隊員のみがその資格を有し、ダイヤモンドをかたどったレンジャーバッジをつけることが許される。

 伊丹駐屯地での訓練は9月11日から始まり身体能力など素養試験に合格した屈強な隊員30人でスタート。1カ月は水泳やロープ訓練、ヘリコプターからの降下など任務に必要な体力、行動をたたき込み、後半は食糧、物資の補給のない戦場を想定し六甲山に入り9つの任務を遂行する。1任務中は70~80時間で、40~60㌔の荷物を背負い、道のない山中を動き回る。1つの食糧を全員で分け合うなどほとんど飲まず食わずで、睡眠もとらず極限まで追い込まれる。半数の14人が脱落し、訓練を修了できたのは横内3等陸曹を含め16人だった。

 地獄のような訓練を終え、3カ月ぶりに駐屯地に戻った横内隊員を待ち受けていたのは、仲間の生還を祝うクラッカー。帰還式で石黒中隊長は「和歌山駐屯地の誇り、レンジャー隊員として中隊をしっかりけん引していってほしい」と言葉を贈った。横内3等陸曹は「訓練を終えることができたのは、部隊の皆さんの激励のおかげ。レンジャーの先輩池崇志2曹の『己の弱さ、水の大切さ、山への感謝』という言葉が身に染み、自分の弱さを痛感した」と話していた。今後については、「レンジャーの先輩たちに憧れて訓練に臨み、達成できたが、ここがゴールではなくスタート。より精強な隊員になるよう頑張ります」と決意を新たにしていた。

 陸上自衛隊で最も小さな和歌山駐屯地。レンジャー有資格隊員は横内3等陸曹で9人となった。

写真=和歌山駐屯地のレンジャー隊員と肩を並べる横内3等陸曹(中央)

関連記事

フォトニュース

  1. 花と歴史の香りに誘われて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る