読書まつりPOPコンクで日高附属中の2人入賞

本を読んでキャッチコピーなどを用紙にまとめる県立図書館の中高生読書まつりPOPコンクール中学生の部で、日高附属中学校2年生の田淵穂花さんの作品が最優秀賞に輝いた。瀬尾まいこの「卵の緒(新潮社)」の主人公の感情を繊細な筆使いで表現。同校では2年連続の最高賞受賞となった。

コンクールには中学生の部に391点、高校生の部に284点の応募があり、最優秀賞、優秀賞に各部門1点、奨励賞に各部門3点、佳作に各部門20点を選んだ。

田淵さんが読んだ「卵の緒」は、血のつながりのない母子の物語。血のつながりがなくても誰よりも息子を愛する母親の姿が描かれており、強い親子の絆を感じられる作品。POPでは主人公の男の子が弟に見立てた卵を大事に抱える姿を、ポスターカラーで描いた。受賞に「こんないい賞をいただけると思っていなかったです。本も絵も好きで、好きなことで賞をとれてうれしい」と笑顔を見せている。

また同校からは、昨年最優秀賞を受賞した2年の寺井巴菜さんも奨励賞を受賞。作品は高山一実の「トラペジウム(KADOKAWA)」。高校1年生の女の子が、アイドルを目指して奮闘する青春の物語。POPは、ピンクのリボンを大きく描き、アイドルのかわいさを表現した。受賞に「昨年もいい賞をいただいていたので、連続で受賞できたことに驚いています」と話している。

このほか佳作に、中学校の部で日高附属中の及川真未さん、小池麻央さん、大﨑ひよりさんの3人、高校の部で日高高校の山本梨乃さん、藤川遥哉君、下村晴海さん、芝田いちなさん、川口真生さんの5人が選ばれた。

写真左=田淵さんの作品

写真右=寺井さんの作品

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっとのぞきに来てください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る