県内梅収穫量 20年産は平成以降2番目の大不作

 2020年産の県内の梅収穫量は4万1300㌧で、不作だった前年よりさらに28%減り、平成(1989年)以降で2番目に少なかったことが農水省近畿農政局のまとめで分かった。暖冬で開花が早かったことや、開花時期に一時的に低温となり受精不良が多発したことなどが大きな要因。全国に占める割合は58%で前年の65%から減ったものの、65年産から56年連続収穫量全国1位は維持した。

 近畿農政局によると、台風による塩害で不作だった前年の5万7500㌧より1万6200㌧も減少した。暖冬で満開期が例年になく早かったことと、ミツバチが活発に活動する時期に一時的に低温となって活動がにぶり、受粉がうまくいかず着果数が大幅に少なくなった。さらに果実の大きさに影響を及ぼす4月下旬から6月下旬にかけての降水量が非常に少なく、果実肥大が進まず予想より小玉傾向となったことが収穫量に大きな影響を与えた。平成に入ってからは92年(平成4)の3万5200㌧に次いで少なくなった。

 10㌃当たりの収穫量は841㌔で、前年より319㌔少ない。平成で最も少なかった92年でも1160㌔あり、1000㌔を下回るのは89年以来31年ぶり。81年の630㌔以来の少なさだった。栽培面積(結果樹面積)も4910㌶で前年に比べて50㌶(約1%)減っており、生産者の高齢化による廃園や他品目への転換がみられたという。市場価格は、前年産は1㌔600円前後だったが、今年は800円前後と高値だった。

 全国の収穫量を見ると、7万1100㌧で前年から19%減った。収穫量2位は群馬県の5190㌧、3位は福井県の1500㌧で、他産地を大きく引き離してトップを維持した。

 梅栽培に関する調査は1950年から、収穫量の調査は71年から行っている。収穫量が最も多かったのは2013年の7万9000㌧だった。

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る