宝くじが当たる人の共通点は?

 この時期に話題になるのが歳末恒例の年末ジャンボ宝くじ。今年は先月24日から販売を開始し、25日で終了となる。1等の当選金が7億円、1等の前後賞各1億5000万円で、1等と前後賞を合わせると10億円になる。当たれば、まさに億万長者だ。31日の当選番号の発表は固唾を飲みながら見守る人たちもいるだろう▼よくある会話の決まり文句だが、「宝くじなんか当たるはずがない」と買わない人たちが言うと、購入者は「買わなければ当たらない」とお決まりの返し言葉。億単位のお金は一般庶民からすれば、夢のまた夢。しかし、現実に手にする人が全国のどこかに存在するのは確かだ▼そこでどんな人が当たりやすいのかをインターネットで調べてみた。あるサイトには▽ギャンブルに多額のお金を使う▽ネガティブな愚痴ばかり言う▽掃除をさぼる――の3つの行為はタブーで、「お金の神様を遠ざける」と説明。宝くじに当たりやすい人の共通点として「お金を大切にし、考え方がポジティブで、掃除もきちんとする人」と記載してあった。中でもトイレ掃除を怠らないことが重要だという。数年前に放映していたテレビ番組で、宝くじで高額当選を複数回当てたという人が出演し、「まちを歩いている途中にゴミが落ちていたら拾うように心がけています」などと紹介していたことを覚えている▼例え回りに誰もいなくても、お天道様はその人の行為を見ている。仮に宝くじの神様が存在するとすれば、日ごろの素行が当選につながるのは本当なのかもしれない。年末ジャンボの販売終了まであと3日。その間だけでも良い人になって宝くじを購入してみようかと…。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る