みなべの大嶋医師に住友生命財団地域医療貢献賞

 医療に恵まれない地域で多大な貢献をしている医師をたたえる住友生命福祉文化財団の第14回地域医療貢献奨励賞の受賞者が発表され、みなべ町立高城診療所の大嶋仙哉(せんや)院長(80)が選ばれた。大嶋院長は、前院長だった父に代わり、1992年から28年にわたり、地域住民の健康な暮らしを守っている。表彰式は来年2月20日に東京都の都市センターホテルで行われる予定。

 地域医療の確保と向上、住民の福祉増進を図るため、地域医療に貢献している医師を毎年顕彰しており、今年は全国の6人が選ばれた。

 大嶋院長の父馨氏(故人)は龍神村出身で、元は和歌山市で開業していたが、戦火で焼き出されて地元に疎開。当時、高城村の同診療所に医師がいなかったことから、45年5月に院長に着任した。以来、47年にわたり院長を務めていたが、高齢のため一線を退き、地域住民の強い要望もあって、92年には父の後を継いで仙哉氏が院長に着任した。

 大嶋院長は高城小、高城中を卒業。65年に大阪大学卒。同大学医学部第一外科、紀南病院外科などを経て89年には紀南病院副院長に就任した。高城診療所院長に就いてからは、診療所のすぐ近くに住み、大嶋院長を慕って来院する地域の患者の診療だけでなく、昼夜を問わず往診にも奔走してきた。高城保育所、高城小、清川小、高城中の学校医、特別養護老人ホームときわ寮梅の里の嘱託医も務めており、地域の子どもからお年寄りまですべての世代の住民の健康維持に貢献している。

 「長くやらせていただいているので、患者さんは顔見知りの人ばかり。顔を見ただけで、また少し話すだけで体調がよく分かるのが町の診療所のいいところでしょうか。特別意識してきたわけではないですが、コツコツやってきた結果、このような賞をいただけたのだと思います。2人の看護師さんと3人体制で、これからも体の続く限り頑張りたい」と話している。

写真=地域住民の健康を守っている大嶋院長

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る