あんちん拠点事業 特産スイーツ詰め合わせ

 日高川町鐘巻、道成寺参道のレストランあんちん1階にあるマーケティング拠点「OTERA MAE ANCHIN」運営事業で、県内の北から南まで12事業者が集まった新商品「地域特産品スイーツ統一ボックス」が出来上がった。地域の特産品や素材を使った新商品のスイーツを開発し、かわいくカッコいいボックスの統一デザインで発売。15日からクラウドファンディングでテスト販売を始める。

 拠点運営事業は国から委託を受けた全国商工会連合会の補助事業で県内約40事業者が参画。今年7月から来年3月まで約8カ月間の第2期プロジェクトの取り組みで、12事業者が地域の特産品や素材を新しいスイーツに変身させ、6㌢角のカラフルなボックスでデザインを統一した。

 参加事業者と商品は①あんちん(日高川町)「紀州備長炭パウンドケーキ」②樽の味(御坊市)「糀の甘酒ロッシェ」③大覚総本舗(かつらぎ町)「金ごまフィナンシェ」④太田養鶏場(湯浅町)「リアル鴨サブレ」⑤前福(同)「しらすチーズパイ」⑥重大屋(太地町)「くじらクッキー」⑦いなみの里梅園(印南町)「梅ブラウニー」⑧八旗農園(紀の川市)「あらかわの桃ゼリー」⑨ふく田(御坊市)「まりひめ苺バームクーヘン」⑩ぷらむ工房(みなべ町)「青梅スイートケーキ」⑪紀州本庄うめよし(同)「梅酒マドレーヌ」⑫観音山フルーツガーデン(紀の川市)「みかんジャム」――で、和歌山をイメージした統一ブランドのロゴマークも決定。平和の「和」からハト、「歌」から音符と、後光が差す「山」をデザインし、「和歌山からの贈り物」という意味の言葉を入れている。

 クラウドファンディングは、サイト「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を利用。支援に対し、6個や12個の詰め合わせをリターンする。期間は来年1月下旬までで2月にリターンの商品を発送。3月から店頭販売を予定している。価格は検討中。プロジェクト主催者で有限会社あんちんの石倉大裕専務取締役(41)は「コロナ禍で地域経済が冷え込むなか、和歌山を知って、感じ、味わって、コロナが落ち着いたら『和歌山に行きたい』と思ってもらえるような、そして、集めてみたくなるようなスイーツです」とPRしている。

写真=新商品のスイーツと統一されたボックス

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る