あの衝撃からもうすぐ20年

 「20世紀の最後にえらい事件起きたな」「まだ犯人捕まらんのか」「じきに捕まるで」。仕事始めの1月4日、取材先の人たちと興奮冷めやらぬ様子で話をしたのがついこのあいだのようだが、もう20年も過ぎてしまった。

 世田谷一家殺人事件。2000年12月30日、午後11時ごろから31日未明にかけて、会社員の男性宅で家族4人が何者かに殺害された。現場からは凶器の包丁、血のついたトレーナーなどが見つかり、だれもが犯人はすぐに捕まると思った。

 多くの遺留品以外にも、犯人の指紋、血痕など決定的な手がかりがいくつもあり、警察は延べ5000万件もの指紋を照合、血液のDNA型判定など科学的な分析も含めて捜査を継続しているが、犯人を捕まえることができない。

 犯行の残忍さ以上に、犯人の不可解な行動が社会の耳目を集めた。一般的に犯人は目的を達成したあと、足がつかないよう指紋や足跡を消し去り、誰にも見つからないよう一秒でも早く現場から逃げるのが当たり前である。

 が、この犯人は4人を殺害してから数時間も現場に留まり、冷蔵庫にあったアイスクリームを4個も食べ、被害者のPCでなぜか劇団四季のチケットを予約しようとして失敗。あげくはリビングのソファで仮眠までとっていたという。

 覚せい剤常習者とみれば少しは合点もいくのだが、血液はそれを否定する。ならばサイコパスか。優秀な日本の警察が、多くの決定的な遺留品がありながら犯人を捕まえられない現実こそがなによりミステリアスで、さまざまな憶測、都市伝説を生み続けている。

 犯人はどこかにいるのか。もうこの世にいないのか。時効は撤廃されたが、年老いた被害者家族に残された時間は少ない。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 災害時もご安心ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る