Go To イート 9日からプレミアム食事券発売

 新型コロナウイルスの経済対策として全国的に展開されている「Go To Eat(ゴーツーイート)キャンペーン」は、和歌山県でもプレミアム付食事券が9日から発売される。購入額の25%分が上乗せされる食事券で、1冊5000円分(500円券×10枚)を4000円で購入できる。5日現在、県内では飲食店など719店、日高地方でも58店で利用できる。

 ゴーツーイートキャンペーンは、飲食店で食事をすればポイントが付与されるサービスと、プレミアム付食事券を発行する2本柱。「錬金術」などとニュースになったポイント付与サービスは複数あるオンライン予約サイトから対象店舗に予約を入れれば、夕食なら1000円分、昼食なら500円分の電子ポイントがつく。すでに予約サイトごとに順次サービスを開始しており、和歌山県でも和歌山市内の大手チェーン店などで利用可能で、話題の焼き鳥屋も。日高地方でも焼き肉チェーン店などで使える。

 プレミアム付食事券は各都道府県ごとに事務局となる事業者や日程を決めて実施。和歌山県ではJTBが事務局となって食事券を発行。購入場所はローソン限定で、9日から発券を受けられるのはウェブを使った事前予約分のみ。ウェブやローソン店頭端末での本受付・発券は12日からとなる。購入締め切りは来年1月31日。食事券の使用期限は3月31日。販売数は限定120万セット、額面60億円分。

 日高地方の食事券利用対象店舗はラーメン、焼き肉、カフェ、居酒屋、割烹、イタリア料理、中華料理、ファミレス、うなぎ専門店などがあり、各市町の内訳は御坊42店、美浜1店、日高1店、由良3店、印南3店、みなべ3店、日高川5店。御坊市湯川町財部、ケントハウスでは「最寄りのローソンで手軽に購入できますので、ぜひ利用してお得に食事を楽しんでほしいと思います。コロナでお客さんが減っており、このキャンペーンで盛り上がってほしいですね」と話していた。

 参加店は随時追加されており、詳細は「わかやま Go To Eatキャンペーン」の公式サイトで。

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る