紀の国チャレンジド 山本さんに自立更生者賞

 障害を克服し、生き生きとした社会生活を送っている障害者(チャレンジド)をたたえる県の第18回紀の国チャレンジド賞で、日高地方から美浜町和田の山本浩司さん(58)が自立更生者賞を受賞する。12月4日午前11時から、県庁で授与式が行われる。

 障害者の自立と社会参加の促進、ノーマライゼーション社会の実現を図るため、2003年度から実施。今年度は紀の国チャレンジド賞で自立更生者賞の2人、チャレンジ賞の3人に知事賞、障害者の社会生活を支えている人への紀の国チャレンジド・サポート感謝状で更生援護功労者の4人、ファミリーサポート功労者の1人に知事感謝状が贈られる。

 山本さんは1985年に東海大学工学部建築学科を卒業。建設会社へ就職して1年に満たない翌86年1月、赴任先の東京で交通事故に遭い、右半身麻痺になったが、懸命のリハビリを経て、自立生活が可能な状態まで回復した。

 90日間の入院後、帰郷し、父好郎さん(88)が経営する土木建築業の有限会社山本工務店に勤務。1級土木施工管理技士や2級建築施工管理技士の資格を取得し、技術や知識の向上に努めている。

 また、美浜町の身体障害者福祉連盟会長や身体障害者相談員を務め、地域の障害者福祉向上に尽力。学生時代にサッカーの経験があり、いまでも趣味のスポーツ観戦を楽しんでいる。

 受賞に「驚いています。私でいいのかという思い。支えてくれる家族や障害があっても付き合いをしてくれる友人、地域、仕事関係の皆さんら、関わりのある全ての人に感謝です」と話し、「まだ障害者が蔑視されるところがあります。何でも一緒の輪に入れる社会になれば」と願っている。

写真=「皆さんのおかげ」と山本さん

関連記事

フォトニュース

  1. みんな海をきれいにね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る