笑って福を呼び込もう

 今年も残すところ1カ月。日高新報でも新年号の準備が始まり、筆者は前年に続き恒例企画「我が家の笑顔さん」を担当することになった。

 読者の皆さんから応募いただいた笑顔の写真を紙面で紹介し、新年をほのぼのとした温かい気持ちで迎えてもらおうという企画。毎年多くの笑顔が集まり、新年号に掲載しきれなかった写真は後日の特集で紹介している。笑顔の効果は絶大で、制作時に見続けた筆者が今年の新年号を見返しても、自然にほっこり微笑んでしまう。今年はどんなニコニコ写真が集まるか、とても楽しみだ。応募の受け付けは10日まで。今まで撮った写真から選ぶのもいいが、「いい写真がない」という人は、ぜひ最高の笑顔になって、応募写真を撮ってほしい。子どもの写真が圧倒的に多いので、大人の笑顔写真も大歓迎。

 笑う門には本当に福が来るようで、笑顔、感性、表情などを科学的観点で考える市民参加型の学会「スマイルサイエンス学会」によると、笑顔はコミュニケーションを円滑にするだけでなく、表情筋が鍛えられるためアンチエイジングになり、また、顔の筋肉は感情を司る脳の神経群に密接に関係していることから、笑顔を浮かべているとポジティブな思考になりやすいという。免疫力の向上は有名な話で、笑うことは免疫細胞を活性化させるナチュラルキラー細胞を活性化させる効果が認められており、すでに病気の予防に生かす取り組みも広がっている。

 今年は新型コロナ一色の1年で、閉塞感がただようまま新年を迎えるだろう。こんなときこそ、笑顔の力が必要。見た人が思わず笑顔になってしまうような1枚をお待ちしています。応募は、郵送、メール、ラインで受け付け。詳しくは28日付に掲載しています。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る