県コロナアンケート 退院後の半数に後遺症

 県は新型コロナウイルス感染症について、後遺症などのアンケート調査の結果を公表した。コロナに感染して9月14日時点で退院後2週間以上経過した人を対象に実施。何らかの症状があった人は、全体の約半数に上り、最も多かったのが嗅覚障害、次いで倦怠(けんたい)感、味覚障害などで、脱毛や集中力低下もあった。

 アンケートの対象者は216人で、郵送や聞き取りで退院後の症状の有無や回復状況を聞いたところ、163人(75・5%)から回答があった。

 何らかの症状がある人は75人で全体の46%。うち男性は97人中42人(43%)、女性は66人中33人(50%)に症状があり、女性の方がやや有症状者が多かった。年代別では30代が有症状者の割合77%と最も高く、40~60代も50%を超え、働き盛りの世代に目立った。20歳未満でも35%あった。後遺症のうち嗅覚障害があったのは30人で最も多く、次いで倦怠感26人、味覚障害と呼吸困難感各20人、頭痛16人、脱毛12人。ほか咽頭痛、睡眠障害、記憶障害、食欲不振などもあった。入院中、無症状で経過した人が退院後に倦怠感や集中力低下を訴えるケースもあった。また、6月末までに退院した人で回答のあった51人のうち、9月14日以降も倦怠感や呼吸困難感などの症状が残っている人は26人おり、後遺症が長く続く場合もある。

 各症状を年代別でみると、嗅覚障害と味覚障害は20代が最も多く、次いで40代、50代。倦怠感と呼吸困難感は50代が最多。脱毛についても50代が最も多かったが、20歳未満、20代、30代、60代と幅広い世代で症状が見られた。療養生活中や退院後の生活で困ったことについては、自宅待機中の生活、体調の回復や健康面への不安、風評被害、誹謗(ひぼう)中傷などがあった。

 県は「アンケート結果をみると、たとえ軽症で経過したとしてもさまざまな症状が持続していることから、コロナに罹患(りかん)しないよう予防することが重要」と指摘し、引き続きマスク着用や手洗い、密の回避などの対策の徹底を呼びかけている。

関連記事

フォトニュース

  1. ぼくらの教室はどこですか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る