智弁の小林投手に広島カープが指名あいさつ

 プロ野球・広島東洋カープのスカウトらが5日、和歌山市の智弁和歌山高校を訪れ、ドラフト会議で4位指名した小林樹斗投手(17)=美浜町吉原、松洋中出身・同校野球部OB=にあいさつした。

 広島の鞘師(さやし)智也スカウトが、小林投手や中谷仁監督らと面会。「今年は大学生が豊作で、上位は即戦力を(獲りに)いったが、われわれは小林投手を高く評価していた。4巡目まで残っていたのは想定外。幸運だった」と話し、「直球が速く球そのものに力がある。カットボール、フォークの変化球もいい。細かい制球はまだまだだが、完成度は結構高い。割と早く1年目の後半からデビューしてもおかしくない」。広島の元エースで現在メジャーリーグでプレーする前田健太投手の高校3年時と比べ、「馬力は小林君の方が上かもしれない。計り知れない伸びしろがある」と期待を込めた。

 小林投手は「高く評価していると言っていただいて、実感が湧いた。(入団までの)残り期間、しっかり準備したい。1年目から1試合でも多く1軍のマウンドに立てるように頑張りたい」と抱負。自身の球を「直球が一番の持ち味ですが、スプリットやカットボールにも自信がある」と語り、「とにかくチームのため、勝てる投手になりたい」と力を込めた。

 また、憧れの投手に広島やメジャーで日米通算203勝を挙げた黒田博樹さん、「火の玉ストレート」の異名で知られる藤川球児投手(阪神)の名前を挙げ、「黒田さんは偉大な方。制球が良く(内外角や高低に)投げ分けられる。小さい頃から阪神の試合を見ていて、藤川投手の直球が好き」。「広島焼を食べたことがないので食べてみたい」とも話し、鞘師スカウトから受け取った広島の帽子をかぶり笑顔を見せた。

写真=広島の帽子をかぶって活躍を誓う小林投手

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る