春高バレー みなべ出身の寺本選手が全国へ

 「春の高校バレー」の愛称で親しまれている第73回全日本バレーボール高校選手権大会岡山県予選で、上南部中学校出身の2年生、寺本和華選手(17)がレギュラーの岡山就実高校が女子の部で7年連続44回目の優勝を飾り、1月5日開幕の全国大会出場切符を獲得した。寺本さんはリベロやレシーバーとして出場。決勝戦でも堅実な守備でチームをもり立て、優勝に貢献した。

 就実は昨年のインターハイで優勝、春高でも2017年の準優勝をはじめ上位常連の強豪校。岡山大会は53チームがトーナメントで争った。就実は2回戦からで、決勝を含めた全5試合をすべてストレート勝ちの圧勝だった。寺本選手は堅実な守備力を生かしてレギュラーとして出場。準決勝はリベロ、決勝はレシーバーとしてコートに立ち、安定したサーブレシーブやアタックレシーブを披露した。

 小学生では南部スポーツ少年団で全国大会出場を経験。中学生では県選抜チームの主将も務めたほか、みなべ町を拠点に活動するクラブチーム「REDS」にも所属して活躍した。就実の練習会に参加したとき、全員で勝ち取るという強い思い、監督の一人ひとりに向き合って練習をする姿勢、今まで味わったことがない厳しい中で戦う楽しさや喜びを感じたことから進学先に決め、コツコツと守備力を磨いてきた。

 県予選では「レシーバーとして前衛にいる選手が安心して打ち切れるように、声を出してフォローに入ることができた」と振り返り、「全国大会で優勝することを目標に毎日練習しています。その全国大会の切符をつかむことができてよかった」とまずは第一目標を突破したことを喜んだ。

 持ち味は「自分がコートに入るとチームの笑顔が増えるところ」と自己評価。全国大会では「毎日積み重ねてきたプレーを出し切り、真っ向勝負してきたい」とやる気をみなぎらせている。

写真=レシーバーとして活躍した寺本選手

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る