日高川の川辺大橋下に不法投棄相次ぐ

 コロナ禍の外出自粛で家庭ごみが増え、全国的に不法投棄が問題となっているなか、日高川町では早藤(はいくず)と松瀬を結ぶ川辺大橋下の日高川に、今月に入って3週連続でごみの不法投棄が繰り返された。県職員が川に入って中州に捨てられたごみを回収するも、数日後にはまた同じ場所に捨てられるいたちごっこが続いており、県と御坊署は現場に不法投棄禁止の看板と監視カメラを設置した。

 不法投棄が最初に確認されたのは今月1日ごろ。川辺大橋の上から日高川の中州部分に、一斗缶やすだれ、プラスチック製品など軽トラック1台分ほどの家庭ごみが捨てられていた。地元から連絡を受けた日高振興局建設部の職員が現場を確認のうえ、4日に胸まである胴付きゴム長を着用して川に入り、中州に散らばったごみを撤去した。

 ところが、中州がきれいになったのもつかの間、9日にはまた同じ場所に灯油などを入れるポリ容器、一斗缶、さびた工具類、布、軍手などが散乱。振興局建設部の職員が再び川に入って回収したが、16日にはまたも同じ場所に今度は真っ二つに切断された自転車、金属パイプの屑などが捨てられた。

 この3週連続の不法投棄を受け、日高振興局建設部は御坊保健所、御坊署と連携し、橋の上4カ所に「不法投棄監視カメラ・監視エリア」という看板のほか、「不法投棄は犯罪」「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に処せられる」という警告文つきの看板を設置。さらに橋の周辺4カ所に監視カメラも設置した。

 これらの動きをあざ笑うかのように、17日には松瀬と和佐の境界付近の日高川左岸に、汚れたポリ容器5個、ビーチパラソル、ドラム缶用のポンプ、柱を切ったあとの屑などが捨てられていたという。

 御坊保健所管内(みなべ町を除く日高地方6市町)では県の条例に基づき、毎日、環境監視パトロール隊が地域を巡回中。今回の一連の不法投棄については、これまで撤去したごみから所有者が分かるようなものは見つかっていないが、住民に対しても、不法投棄を見つけた場合は日高振興局建設部管理保全課℡0738242931、または御坊署℡0738230110まで連絡するよう呼びかけている。

写真=家庭ごみが捨てられていた川辺大橋の現場

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る