御坊出身山﨑選手 独立リーグ愛媛入りへ

 プロ野球独立リーグ・四国アイランドリーグplus(四国IL)、愛媛マンダリンパイレーツの入団テストで、御坊市名田町楠井出身で日本福祉大学4年の山﨑頼樹選手(22)=紀央館高卒=が特別合格した。今後、正式契約を結び、独立リーグからNPB入りを目指す。

 特別合格は希望球団を選択、トライアウトの受験が免除され、合格が受けられる。四国ILのドラフト会議は9日にあり、特別合格者とトライアウトを経てのドラフト指名選手が発表された。

 山﨑選手は182㌢・83㌔、右投げ右打ちの外野手。名田小1年のとき、名田黒潮で野球を始め、中学は名田でプレーした。日高地方中学生軟式野球選抜チーム「日高オールスターズ」にもメンバー入りし、紀央館高では1年秋からレギュラー獲得。3年春には県予選で準優勝し、近畿大会に出場している。

 愛知大学野球連盟の日本福祉大学進学後は1年春から、先発メンバーに名を連ね、3年春から主砲で活躍。今年の秋季2部Bリーグでは全試合4番で打率3割8分2厘、出塁率4割2分5厘、4本塁打、16打点、7盗塁と大暴れし、敢闘賞を受賞した。

 高校最後の夏、熱中症のため途中退場となり、不完全燃焼で大学進学を決意。兄透磨さん(24)ら家族や多くの人に物心両面で支えられてきた。さらに大きな夢の実現へ、多くの選手をNPBに送っている四国ILを志望。大学の指導陣に愛媛を勧められた。

 高校通算19本塁打、大学通算16本塁打の長打力と俊足が持ち味。「NPBへ行きたいので、1年目からレギュラーだけでなく、タイトルを狙いたい」と意気込みを示し、「家族ら多くの人に感謝し、活躍して恩返しがしたい」と燃えている。

 21日からの3連休、約半年ぶりに帰郷。名田黒潮で監督を務める父彰久さん(51)も「やる限りは野球人として、一番上を目指し、頑張ってほしい」とエールを送っている。

写真=バットを手に活躍を誓う山﨑選手

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る