四代目坂田藤十郎を悼む

 人間国宝の歌舞伎役者、四代目坂田藤十郎さんが今月12日に他界した。享年88歳。上方歌舞伎の大名跡を実に231年ぶりに復活させ、大きなニュースになったのは15年前だが、昨日のことのようによく覚えている◆10歳の時に二代目中村扇雀を襲名、長らくこの名で活躍。「曾根崎心中」のお初役などで大人気を博し「扇雀ブーム」が起こった。扇雀飴なども発売され、筆者はこの飴でその名を知った覚えがある。実際に舞台を目の当たりにしたのは20年ほど前、前名の三代目中村鴈治郎の時。御坊市に「夏祭浪花鑑」で来演した◆藤十郎さんの出演は短い時間だがお辰という重要な役どころ。主筋の若旦那を悪漢から守るため遠方へ送り届ける役を買って出ようとするが、美しい人妻のお辰は「顔に色気がある。若旦那と間違いがあってはいけない」と止められる。そこで囲炉裏にあった熱い鉄棒を顔に当て傷をつくり、気迫で相手を説得。そんな顔になって夫に嫌われはしないかと心配する相手に「こちの人が好くのはここ(顔)じゃない」、胸をドンとたたいて「ここでござんす」。成駒屋と声のかかる名場面であった。歌舞伎ファンになって間もない頃。派手な演出の時代物が好きだったが、人情の機微を押さえた世話物の魅力をこの作品で知り、はんなりと色っぽいだけでなく侠気ある女性を演じた藤十郎さんが強く印象に残った◆あらゆるエンターテイメントが影響を受けるコロナ禍。心の糧となるのはこれまで観た舞台の記憶の蓄積であり、いつか観られる舞台への熱い期待だ。歌舞伎は伝統芸能であると同時に、常に時代の息吹を吸収する第一線のエンターテイメントでもある。その真髄を体現する偉大な役者であった坂田藤十郎さんの冥福を、謹んで祈りたい。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る