〝手ぶら〟で七五三♪ しの友呉服店

 七五三シーズンがやってきました。 しの友呉服店では、七五三衣裳を着用しての「京町屋でフォト撮影会☆」を開催しています。「手ぶらで七五三参り」を提案中。当日のサポートをご紹介。①事前に衣裳を選んでもらう②当日着付け(約20分)③京町屋でフォト撮影会(約30分)④神社で七五三の参拝⑤着替えて帰るだけ。当日は密を避けるため、1家族につき付き添い3人までの入場。

 店主の小竹さんは「本番に先駆け、前撮り撮影会に参加してくれた未来のEXILEのセンターも期待できそうなY・Kくん(5歳)。髪もサラッと整え、キリッとした顔立ちとバランスがとれています。手まりを持っている時のあどけなさと帯刀している時のキリッとした表情が相見えてとても輝いていました。後日お母さまから、お子さまが帰宅と同時に『とても楽しかった』とおっしゃっていたと、お話しいただきました。特別な日を感じ取っていただけたかなと思います。11月の平日はもちろん、22日(日)以外の週末はまだ少し空きがあります。お気軽にお問い合わせください。少人数でできる、家族の絆を深め合う七五三。可愛い大切なお子さまの一瞬を写真に残しませんか」と話しています。

 お宮参り着を七五三衣裳にお直しするのも迅速に対応してくれます。

 母から娘へ、姉から妹へ振り袖を受け継ぐ「ママ振り・姉振り再コーディネート相談会」も開催中。

 「11月中の週末は大変混み合いますので、来店前にご予約いただけると幸いです。平日にお越しいただければ、ゆっくり対応させていただけます」。

 予約は電話もしくはLINEのQRコードから入って友だち申請をし、登録確認のメッセージが送られてきたあと、名前と希望日時を返信してください。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る