4年前の既視感?

 米国大統領選が来月3日の投票まで1週間を切った。日本国内で伝えられるニュースをみる限り、情勢は選挙人の多いカリフォルニア、ニューヨークをおさえて民主党のバイデン氏がリード。現職トランプ氏が苦戦しているという。

 日本の政治評論家、ジャーナリストの予想をみると、地上波テレビに出てくるリベラル・左派はバイデン氏を有利とし、主にラジオやネットを主張の場とする保守派はトランプ氏が勝つという見方が多いように感じる。

 選挙権のない日本人がいくら騒いでも情勢は変わらないが、やはり世界最強の超大国、かつ同盟国である米国のリーダーが変わるかどうかは大いに気になる。経済や安全保障の影響を考えれば、わがまちの首長以上に重要な問題であろう。

 情勢に大きく影響するといわれるテレビ討論会のニュースは、罵り合うシーンが強調された。言葉が分からない日本人はそればかり見せられると、肝心の政策論争以前に疲れてしまうが、当の米国民はこれをどう見たか。

 全世界共通の課題である新型コロナ対策については、マスクを義務化のうえ一部都市のロックダウンを継続するのか、重症化リスクの高い人を保護しながら社会・経済を開放するのか。前者はバイデン氏、後者はトランプ氏の主張である。

 米国世論も強硬支持に傾きつつあるといわれる対中政策。一見、両者の主張に大きな違いはないようだが、再選後もとことんいくであろうトランプ政権に対し、バイデン氏の国際協調が弱腰と映らずどこまで理解を得られるか。

 まるで子どもの喧嘩のような2人の討論、民主党リードの世論調査をみると、まさか、4年前のデジャビュ(既視感)のよう。結果やいかに。 (静)

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る