那智勝浦の久保さん 高城中で自作紙芝居披露

 みなべ町の高城中学校(瀬戸敬二校長)で19日、ふるさと学習が開かれ、2011年9月の紀伊半島大水害で夫を亡くした那智勝浦町の久保栄子さん(77)が自作の紙芝居を披露し、命を守る備えの大切さを訴えた。

 総合的な学習の時間を活用したふるさと学習の一環で、高城・清川地区は山間部で土砂災害の危険性があることから、久保さんを講師に招いた。

 久保さんは水害時、自宅があっという間に浸水。夫と娘と3人で濁流の中を軒の樋(とい)につかまったこと、3㍍先の駐在所に避難しようと飛び込んだが流され、途中でたまたま柵をつかむことができて命が助かったこと、娘は屋根に上ることができて助かったが、夫が濁流に流されて亡くなったことなど生々しい体験談を紙芝居を通じて伝えた。「なくした命は二度と戻ってこない。隣近所の人もたくさん亡くなった。早めの避難をすれば一人も亡くならなかった。とにかく早めに避難することを忘れないで」と訴え、「皆さんはいろんな可能性を秘めている。人生いろいろあるが、絶対に諦めず生き延びてほしい。苦しいこと、命にかかわることがあっても、前向きに生きてほしい」と命の大切さや心の持ちようをアドバイスした。

写真=紙芝居で命の大切さを訴える久保さん

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る