県がコロナ感染者の誹謗中傷対策に本腰

 仁坂吉伸知事は13日、定例会見を行い、新型コロナウイルスの感染者や家族らへの誹謗(ひぼう)中傷対策に本腰を入れて取り組む考えを示した。

 同日から、「STOP! コロナ差別」と題して県庁人権政策課内にコロナ差別相談窓口(相談ダイヤル)を開設。誹謗中傷にどのように対応すればよいかなどを助言するのが目的で、ネット上の書き込みについてはプロバイダなどへの削除依頼の方法を説明し、県人権啓発センターが実施している無料の法律相談も紹介する。相談ダイヤルは℡073―441―2563(平日午前9時~午後5時45分)、FAX073―433―4540。

 また、同課と各振興局の職員が、ネット上で誹謗中傷などの書き込みのモニタリング(調査)を実施。発見した場合は県からプロバイダなどに削除を依頼。削除依頼を行った案件については書き込まれた人が訴訟を起こす際の資料として活用できるよう、文章や画像を保存する。さらに、感染した県民のフォローアップとして、退院経過観察後も専任の担当者が定期的に近況を確認し、生活上の困りごとにも対応する。

 仁坂知事は「感染者をとげとげしい感情で見て、ネットで名前を公開するような事態もあるが、それはよくない」と注意喚起。今月6日の定例会見で発表した2021年度新政策のSNS等でのコロナ誹謗中傷を禁止する条例についても早期に制定する必要性を強調し、「早ければ12月議会、それが間に合わなければ来年2月の議会で制定を目指す」とした。

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る