日高町商工会とベトナムの旅行業者がオンライン会議

 日高町商工会と県観光交流課、ベトナムの旅行会社の三者が29日、オンラインの観光セミナーで意見を交換した。新型コロナの影響により、日本とベトナムの行き来が難しくなっている中、ビデオ会議アプリを活用して、温泉やクエ、黒竹など日高町の魅力を現地の旅行関係者らにアピール。コロナ終息後の誘客に備えた。

 主催は大手旅行会社HISのベトナムパートナー会社ソンハンツーリストハノイ支店。これまでは、町や商工会、民宿組合などで結成している観光推進戦略プロジェクト協議会の事業などを通じ、商工会の職員らがベトナムに出向いて町の魅力などをアピールしてきたが、新型コロナの影響で現地でのセミナー開催が困難な状況。このため、ソンハンツーリストハノイ支店と日高町商工会などをオンラインでつなぎ、観光セミナーが行われた。

 HISがオンラインによるベトナムと日本の観光セミナーを開催するのは全国で初めてで、以前から現地でのプロモーション活動などを積極的に展開してきた日高町に声がかかった。

 セミナーにはベトナムの旅行会社10社から12人が参加。冒頭、商工会の荊木宣雄事務局長が「コロナが終息したら日本にたくさん訪れていただきたいと思っています。今回は和歌山県や日高町の魅力を紹介させていただきますので、ツアーには和歌山や日高町のコースを入れていただきますようお願いします」とあいさつ。プレゼンテーションはソンハンツーリストの社員がベトナム語で説明し、和歌山県や日高町の魅力をアピールした。日高町についてはクエ料理、温泉、海水浴、黒竹などをPR。関西国際空港から車で1時間の場所にあることなどが紹介されたほか、画面を通じたクイズも行われた。ベトナムからの質問には荊木事務局長と県観光交流課海外誘客班の森下元喜副主査が答えた。

 今回の企画に携わったHISの中村有伽訪日プロモーションハノイ支店リーダーは「コロナ禍でも日高町や和歌山県の魅力を継続的にアピールしたい」と話していた。

 日高町観光推進戦略プロジェクト協議会は2017年に発足。事業を通じて昨年度までにベトナムから250人を超える観光客が同町を訪れている。

写真=荊木商工会事務局長が日高町の魅力を発信(日高町商工会館で)

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る