御坊で会いましょう!

 わかやま大道芸フェスティバル事務局主催、「わかやま大道芸フェスティバルin御坊」が24・25日、御坊市塩屋町南塩屋の御坊総合運動公園芝生広場で開かれる。新型コロナの影響で多くのイベントが中止される中、「街に活気を取り戻すために」と開催。県内で初めての大道芸フェスティバルとなる。

 会場内に4つの演技スペースを設け、タイムスケジュールに沿って14組による大道芸を披露する。2組はENTER DANCE STUDIO御坊校の生徒で作るグループでGBboysと苺s(ベリーズ)、12組は海外を含め各地で活動するプロのパフォーマー。パフォーマンスは、けん玉、ジャグリング、バルーンアート、ストリートダンスなどさまざまな内容となっている。入場料は取らず、パフォーマンスを見たあと任意での「投げ銭制」とする。会場内には露店スペースを設け、飲食と休憩ができる。両日とも午前10時から午後5時まで開場、パフォーマンスは10時半ごろから始まる。

 主催者は「新型コロナウイルスの影響で、県内でも多くのイベントの中止が続いています。この状況に耐えきれず倒産や廃業を余儀なくされる企業や団体も多く出てきています。街に活気を取り戻すため、身近な人の笑顔を取り戻すためにイベントを企画したいと思います」と、参加を呼びかけている。

 開催に当たっては厚生労働省のガイドラインにのっとり、①来場者・出演者・スタッフ全員の検温②関係者全員にマスクまたはフェイスシールド着用を促す③関係者全員の住所・名前・連絡先を控える(強制はしない)④接触確認アプリのインストールを促す⑤アルコール消毒液の設置(複数個所)⑥ソーシャルディスタンスの確保――の感染予防策を実施する。

写真=プロのパフォーマーがさまざまな大道芸を披露(写真は出演者の一人)

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る