地には平和を 小松左京著

 1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉音放送によって日本が敗戦、戦争が終わったことを知りました。本作は8月15日以降も戦争が続いていたら…というヒストリカル・イフの短編です。

 あらすじ クーデターによって首相が暗殺され、玉音放送が放送されず、8月15日を過ぎても終戦を迎えなかった日本。本土防衛隊の少年兵康夫はたった1人、長野県内の山中をさまよっていた。康夫は米軍の物資集積地を襲うが、見張りに気づかれ重傷を負う。自決しようとする康夫の前に「Tマン」と名乗る謎の白人が現れ、康夫は命を救われる。未来の時間管理局から送られてきたTマンは、「この歴史は間違っている」といい、康夫に8月15日で戦争が終わる本当の歴史、この戦争で死なない自分の未来を見せられる。

 康夫が重傷を負ったとき、歴史を改変した未来の狂人が時間管理局に捕まります。その狂人はなぜ、日本がポツダム宣言を受諾せず本土決戦に挑み、3発目の原爆を積んだ爆撃機が大本営の移った信州上空に向け飛び立つ―という歴史に書き換えようとしたのか。狂人は調べに対し、「歴史とは、犠牲を払ったならそれだけのものを得ねばならない。20世紀がのちの歴史に与えた最も大きな影響は中途半端な妥協であり、その日和見主義によって日本は20年もたたずに空文化した平和憲法を手に入れることになった」と主張します。

 「戦争がもう少し長引いていたら、自分が戦場に送られていた」。作者はそう身構えていた自分の戦争に対し、落とし前をつけるためにこの作品を書いたそうです。少年兵康夫のモデルは、同年齢の自分自身。ラストの康夫の幸せな未来、その足下に埋もれた過去を忘れるなという叫びなのでしょう。

関連記事

フォトニュース

  1. こらめちゃくちゃうまいで!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る