伝える仕事 池上彰著

 テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。自身の半生を振り返りながら「仕事」について語った一冊をご紹介します。ことし5月に出たばかりです。

 内容 小学生時代に読んだノンフィクションから地方記者に憧れた著者。大学生活の終わり近くにあさま山荘事件の報道を目の当たりにし、「これからはテレビの時代だ」とNHKに入局。松江局、呉局で新人記者、若手記者として勤め、東京本局へ。やがて首都圏ニュースのキャスターとなり、「わかりやすいニュース」のため奮闘する。経済、政治など専門の記者は自分の目線でニュース原稿を書きがちだが、一般人の目線で「わからない」と突き返すうち「池上はわかりやすさに関してうるさい」と定評が立ち、「週刊こどもニュース」担当につながっていく…。

 常に明快に、一般人の疑問のツボを抑えて「そこ」が腑に落ちるようニュースを読み解いてくれる池上さん。そのスタンスがいかにして培われたか、自身の軌跡を明らかにすることで解説します。若いスタッフに「金融政策って何ですか」「日銀って?」等聞かれ「そんなことも知らないのか」と愕然としたことが、その後の方向性を決めたようです。

 聞き手の反応を見ながら話し、小首を傾げ始めると「あっここは」と少し戻ってゆっくり話す。「ゆっくり」にも種類があり、言葉を補いながらじっくり話す、話す速度を落とす、間をとるなど、場合に応じて使い分ける。そのきめ細かな対応も、すべて自身の知識や見識が「相手に本当に伝わってこそ、初めて生きてくる」と肌で感じているからでしょう。

 わかりやすい解説を通じて、多くの人に「いま」という時代について「考える材料」を提供する。それが「伝える仕事」の意義。

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る