九死に一生の教訓

 米国防省が今年4月、未確認飛行物体(UFO)の映像を公開して何やらUFOの信ぴょう性が高まっているが、もし筆者が「UFOが攻めてくるぞ」と言っても、まず誰も信用してくれない。ところが、時の菅義偉総理が同じことを言えば、全国民がどうすればいいか、真剣に対策を考えるだろう。UFOの例え話は突拍子もなさすぎるが、要は同じ言葉でも言う人の立場や経験、社会的な信頼度、知名度などによって言葉の持つ意味が変わってくるということである。

 先日、稲原中学校で防災学習があり、2011年9月4日の紀伊半島大水害で夫を亡くし、自身も九死に一生を得たという那智勝浦町の久保榮子さん(77)を迎え、体験談を聞いた。久保さんは氾濫した那智川の激流にのみこまれ、生死をさまよいながらも助かったことや、夫を亡くしたときの様子を克明に伝え、水害の恐ろしさを伝えてくれたが、こうやって経験談を語れるようになるには8年かかったという。

 そんな久保さんが繰り返し強調していたのは、「早く避難すれば大切な命をなくすことはなかった」ということ。あと社会面の記事では紹介しきれなかったが、早く避難しなかった原因としては▽水害の経験がなかった▽避難指示の意味を知らなかった▽町内放送が聞き取れない▽水の上昇が予想以上に速い▽避難指示自体が遅かった▽那智川沿いで水害の備えができていなかった――などと指摘。これらは住民だけでなく、行政にとっても大きな教訓となる。

 自分の経験を広く伝えるのが生きがいだという久保さん。重みのある彼女の言葉をしっかり胸に刻み、実践していくことが防災につながる。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る