マスクの予防効果

 新型コロナウイルスが広まって以降、マスクは外出時の必需品となった。数カ月前には開店前のスーパーやドラッグストアにマスクを求める人が行列をつくっていたが、今ではすっかり流通し、山積みされている様子もよく見る。

 マスクは一般的な使い捨てだけでなく、洗って何度も使えたり、スポーツ用なども出てきている。この夏、筆者は夏用の接触冷感マスクをいくつか購入したので、通常のマスクより蒸れることなく、快適に過ごすことができた。

 そんなマスクだが、東京大学が22日、実際の新型コロナウイルスを使用した実験でマスクに一定の防御効果があることが分かったと発表した。研究は人工呼吸器で人と同じように呼吸するマネキン2体を使用。一方がウイルスを飛散、一方が吸入する方と設定。吸入側だけマスクを着けた場合は、両側とも着けない場合と比べて吸入量が布で17~37%、不織布で47~50%減った。飛散側だけマスクをつけた場合では、布で57~76%、不織布で58~73%減った。双方がつければさらに高い効果が期待され、この結果からマスクは予防とともに、自身が感染した場合の飛散防止にも役立つことがわかった。

 もっともこういった研究がなくても、ほとんどの人が効果を期待して着用しているものと思うが、この研究では実際の新型コロナウイルスを使っているため、より説得力が増しただろう。ただ、マスクは確実に効果がある一方、完璧に防げるわけではないこともわかった。最近では、御坊保健所管内でも新規感染者が出ているなど、感染の危険が迫る中、マスクを着用することはもちろんだが、マスクに過信することなく密を避けるなどの対策も徹底しよう。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. おもろいかかしがお出迎え

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る