ネタバレOK派の社会的背景

 「ネタバレ」という言葉が市民権を得たのは平成になってからだそうだが、もっとずっと以前からミステリー作品などは「ネタバレ厳禁」が常識だったと思う。ところが先日見たNHKの番組で、若い世代は「ネタバレOK派」が多いらしいと知った◆小説や映画の結末など、あらかじめ調べておいてから観賞する。その方が楽しめる、という。中学時代からミステリーファンの筆者には、驚天動地というほどではないがミステリーのどんでん返しと同じくらいには「えっ」と驚いた。まったく、若い人の考えることは分からないと思いながら見ていたが、番組中盤で、そんな世代の価値観が生まれた背景について解説があった◆震災や不況という不安な時代背景のもとで成長した世代には、どうなるかわからないという「ドキドキ」が、楽しい好奇心の「ワクワク」には結びつかない。むしろ不安や恐怖といったネガティブな感情を誘ってしまう。予想通りの展開に安心し、分かっている結末へ向かってどう進んでいくのかという興味で楽しむのがいいのだという。絶対安心、絶対安全を求める心がそうさせるのか◆筆者も現実の世界ならもちろん、何につけても絶対安心、絶対安全を求めたい。神ならぬ身の人間が営む世界に「絶対」などないと分かってはいても、そう望みたくなるのが人情というもの。しかし、だからこそ物語の世界では思う存分、ハラハラドキドキさせてもらいたい。どんでん返しに「えーっ!」と驚きたい。一つしかない現実世界を離れ、幾パターンもの追体験が楽しめるから物語という存在は貴重なのだ◆時代の閉塞感に取り込まれないよう、極限状況にもパワーを発揮できる柔軟な心を、物語のドキドキを味わうことで育てておきたいものだという気がする。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 春告げるツクシがニョキッ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る