サンマも養殖の時代!?

 脂の乗ったサンマがおいしい季節になってきたが、今年は9月に入っても水揚げが少なく、1匹1000円という高価な値段で売られているところも。庶民の味として親しまれ、十数年前には全国的な豊漁で1匹50円で売っていたようなこともあり、食べまくっていたのが懐かしい。先日もスーパーでサンマを見つけてわりと安かったので買ってみたが、脂が乗っておらず身がパサパサ。恐らく昨年の冷凍ものだろうか、これならなぜか赤いみりん干しの方がおいしい。

 残念な気持ちでいると、数日前から北海道や三陸でのサンマの水揚げの様子がニュースなどで紹介されるようになってきた。こちらのスーパーでもそろそろおいしいサンマが安く買えるかもしれない。サンマと言えば良質のたんぱく質があり、善玉コレステロールを増やしてくれるという、おいしいうえに健康にもよい食べ物で、ビールにもよく合う。

 そんな旬の味覚がどうして昔のように口に入らなくなってきたのだろうか。水産研究・教育機構の資源量調査によると、日本のサンマ水揚げ量は2008年が約35万㌧だったが、減少傾向となり、17年は過去最低の約9万㌧まで激減。18年は十数万㌧にまで回復したが、その後も低水準が続く。原因は個体数の減少や乱獲などが言われているが、はっきりしていない。国際的には乱獲を防ぐため漁獲制限もしているが、このままではサンマが食べられない日が来るのでは!? ならばサンマも近年よく言われる「獲る漁業」から「育てる漁業」への変換が必要か。実は養殖が難しいとされるサンマ。マグロやクエの養殖で有名な近畿大学さまに頑張ってもらうしかないのかもしれない。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る