コロナ一色の一年

 今年も4分の3が過ぎたが、日本漢字能力検定協会は11月1日から恒例の今年の漢字を募集する。今年は新型コロナ一色だった気がするが、これまでの出来事を振り返ってみる。

 【1月】中国・武漢で新型肺炎発生▽英国がEU離脱【2月】新型肺炎でクルーズ船が横浜港停泊【3月】オリンピック延期▽歌手の槇原敬之が覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕▽選抜高校野球、初の中止▽タレントの志村けんさん新型肺炎で死去【4月】新型コロナで緊急事態宣言【5月】黒川検事長が「賭け麻雀」報道を受けて辞表提出▽緊急事態宣言全面解除▽黒人暴行死、デモ全米に拡大【7月】令和2年7月豪雨▽藤井七段が最年少タイトル棋聖位獲得【8月】安倍首相が辞任表明▽モーリシャス沖で商船三井の貨物船座礁【9月】ドコモ口座の不正引き出し▽菅義偉内閣が発足

 コロナ以外にもいろんな出来事があったが、今年の漢字一文字を予想する中で、やはりコロナ関係は欠かせないだろう。コロナに関してはさまざまな新語が誕生した。「濃厚接触」「3密」「クラスター感染」「オーバーシュート」「緊急事態宣言」「ロックダウン」「ソーシャルディスタンス」「ステイホーム」「リモートワーク」「アベノマスク」「ニューノーマル」など。

 漢字で考えれば3密の「密」などが挙げられるが、同じように多く目にしたのは「コロナ禍」の「禍」ではないだろうか。「不幸をひきおこす原因」などの意味で、訓読みでは「わざわい」。まだまだ終わりが見えないコロナだが、いつかこの「わざわい」が過ぎ去り、新しい社会が始まることを願いたい。今年の漢字は11月1日から12月6日まで受け付ける。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 地震がきたらどうする?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る