みなべの梅と能登の塩で特産品開発へ

 みなべ町の梅干し生産者や加工業者の有志グループが、世界農業遺産「みなべ・田辺の梅システム」を全国にPRしていこうと、同じ世界農業遺産に認定されている石川県能登地方の名産「能登の塩」を使った梅干し作りを行っている。農業遺産のコラボ梅干しで、今月中にも試作品が完成する予定。今後は能登の住民や若者同士の交流にもつなげる計画で、みなべ町から全国へ農業遺産の魅力を発信していく考えだ。

 中心となって事業を進めているのは、みなべ町谷口で学習塾を経営している東亨さん(40)、晩稲の㈱岩本食品の岩本智良社長(39)、岩代で梅を栽培している中早大輔さん(38)の3人。東さんが、新型コロナの影響で休校中の教え子の大学生から「生まれ育った地域のために何かできないか」と相談を受けたことがきっかけ。会社を立ち上げ、みなべ町の魅力を発信していこうと、㈱Uumy(ウーミー)を立ち上げて、世界農業遺産に認定されている梅システムをPRすることを企画した。まちの活性化に取り組む中早さんが、世界農業遺産同士がコラボした商品を作ってはとアイデアを出し、梅干し作りに欠かせない塩に着目。石川県北部の能登半島では4市5町に広がる「能登の里山里海」が世界農業遺産に認定されており、「能登の塩」が名産なことからコラボ梅干しを試作することにした。「能登の揚げ塩」を取り寄せ、中早さんが栽培した南高梅を岩本食品で漬けており、大学生らも加わってパッケージ等もデザイン中で、まもなく完成する。

 事業は、みなべ・田辺地域世界農業遺産推進協議会の住民提案型地域活動支援事業を活用して進めている。9日には3人が役場職員を交えて今後の展開について打ち合わせ会議を開いた。3人からは「試作品はみなべ町と能登で配布や試験販売をしてPRしていきたい」「今後は能登の住民との交流、とくにSNSを使って発信力のある大学生同士が交流する機会を作っていきたい」などと意見が出された。発案者の中早さんは「能登の塩のファンは多く、そういった人たちに梅干しや梅システムについて知ってもらいたい。能登地方だけでなく、将来的には全国の農業遺産認定地域と交流し、みなべの魅力を伝えて活性化につなげたい」と話している。

写真=今後について意見交換する左から東さん、中早さん、岩本さん

関連記事

フォトニュース

  1. おいしい話にはご用心!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る