みなべの上城遺跡 古墳・室町時代の遺構見つかる

 みなべ町が東吉田地内の「上城(うえんじょ)遺跡・上城城(うえんじょじょう)跡」で行っていた発掘調査で、新たに古墳時代の竪穴建物と室町時代の掘立柱建物の遺構や、土師器、須恵器が見つかった。以前から遺跡があるといわれていたが、生活がわかる本格的な遺構が見つかったのは初めてで、当時を知る上で貴重な資料となりそう。17日午後1時からは一般向けに現地説明会が開かれる。

 場所は鎌田池公園近くの丘陵地。小字が上城で、地元住民が昔から「うえんじょ」と呼んでいる。1959年に地元住民が縄文時代の打製石器を見つけたことから「上城遺跡」として埋蔵文化財包蔵地に認定され、中世には上城(うえしろ)氏の居城があった場所と考えられていることから「上城城跡」として遺跡にも認定されている。周辺の平地部には東吉田遺跡、徳蔵地区遺跡、大塚遺跡などが広がっており、縄文時代以降の集落があったことが調査結果から判明している。さらに北西には中世の高田土居城跡(町指定史跡)があり、上城城跡との関連が考えられている。

 今回、民間の宅地開発に伴い、9月から町が県教委の指導で南北に細長い約400平方㍍で発掘調査を行っていた。新たに見つかったのは、室町時代(15世紀ごろ)の建物と考えられる掘立柱建物跡が2基と、古墳時代の竪穴建物跡2基。掘立柱建物跡は北側が縦横5・4㍍四方、南側が1・8㍍四方の大きさ。北側の建物跡をさらに掘り下げると、古墳時代の竪穴建物跡が2基並んで検出された。うち1基の東壁ではかまどの痕跡が確認され、建物跡の周りには古墳時代中期後半(5世紀ごろ)の土師器や須恵器も見つかった。

 県文化遺産課の仲辻慧大副主査は「縄文時代の石器が見つかってから、遺跡があるだろうとされていたが、実際に遺構が見つかったことで、古墳時代や中世に人々が暮らしていたことがはっきりしたといえる。どういった理由で丘陵地に人が住んだのかは分からないが、当時を知る資料となる」と話している。

 現地説明会についての問い合わせはみなべ町教委℡0739―74―3134。

写真=発掘調査で竪穴建物などが発見された遺構(上が北)

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る