ご存じですか、創業支援事業

 先日、日高郡の6町が推進している創業支援事業の認定を受けて、美浜町和田で新しく衣料雑貨店「select by tane.」を経営している女性オーナーを取材した。

 店内には、エスニックの服や雑貨、アクセサリー、キッチン用品など思わず手に取ってみたくなる商品が並んでいた。オーナーも「みんなが笑顔になって楽しい生活を送れるように」をコンセプトに店づくりを行っていると話していて、こだわりの商品を愛おしく思っていることが感じられる素敵なお店だと思った。筆者は、店の人に思い入れのあるおすすめ商品の話を聞いたり、必需品ではないが、惹かれるものに巡り合って心躍らせたりする買い物が好きだ。でも今年に入っての自粛ムードで、そんな買い物の楽しさも忘れていた。今度はゆっくりお気に入りの逸品を探しに来たいとなんだかうれしい気持ちになった。

 地域に素敵なお店や企業が増えるのはとても素晴らしいこと。人口減少や雇用の創出など課題の解消につながる可能性も。そんな地域活性のために郡内の6町が、2015年秋から足並みをそろえ、創業支援事業に取り組んでいる。各町の商工会などが創業・起業を目指す人や創業後5年以内の人に対して経営、財務、人材育成、販路開拓の4つの要素でサポートする。自治体は、創業支援認定を行い、補助金等の相談窓口になるほか、様々な優遇措置も受けられる。多い町ではこの5年で12人に創業支援認定を行っているが、少ないところでは、認定実績がゼロとなっている(10月16日現在)。

 最近は、週末起業や主婦起業など創業の形も多様化。自分の店や会社を持ちたい人は同事業の支援認定を受けることで、ぐっと夢の実現に近づけるかも。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. ブルーハーツがきた

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る