10月1日から 第三のビール10円値上げ

 10月1日から酒税税率が改定されるのに伴い、「家計の味方」といわれる第三のビールの価格が350㍉㍑缶で10円の値上げとなる。全国的に消費者の駆け込み需要が増えているなか、日高地方のスーパーなどでも特設コーナーを設けて対応。店側からは「今週末ごろから、いま以上にまとめ買いが増えてくるのでは」という声も聞かれる。

 酒税法の改正でビール系飲料の酒税が大きく変更。ビールは350㍉㍑当たりで酒税が77円から70円に安くなる一方、第三のビールといわれる新ジャンルは28円から38円に10円引き上げられる。発泡酒は麦芽25~50%が62円から59円に3円安くなり、麦芽25%未満は現状維持で47円のまま。平等性を保つため酒税の差を減らした。

 この酒税改定が価格に変動し、350㍉㍑缶のビールは7円の値下げとなるが、一番安く買える第三のビールが10円の値上げとなる。新型コロナで影響で宅飲みが増えるなか、第三のビールの愛飲者からは家計への負担を心配する声も聞かれている。

 日高地方の小売り店も駆け込み需要に対応。御坊市内のスーパーによると、「第三のビールの売り上げは昨年の9月と比べて1・2~1・3倍程度に増えている。先週末には5、6箱をまとめて購入するお客さんもみられた。酒税が変更する10月1日に近くなるほど、駆け込み需要が増えてきそうで、十分な在庫を用意しています」と話している。他のスーパーでも「先月に比べて酒類の売り上げが上がっている。今年は秋祭りによるお酒の購入がないので、酒税の改正による駆け込みにつながっているのでは」と話している。

 一方、ビール党の消費者からは「いつも家計に負担の少ない第三のビールを購入しています。近いうちにまとめて買おうと思います」「いつも安いビールを選んで買っているので、第三のビールが値上げとなるのはちょっとショックです」という声が聞かれる。

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る