龍神の冨田さん スポーツ振興功労で大臣賞

地域のスポーツ振興に顕著な功績を挙げた人をたたえる文部科学省のスポーツ推進委員功労者が決まり、田辺市スポーツ推進委員協議会長の冨田進さん(72)=田辺市龍神村=が文部科学大臣賞に選ばれた。冨田さんは教師になった1970年から中学校への陸上部創設、村民マラソン大会の開催、地域総合型スポーツクラブ設立など手掛け、子どもからお年寄りまでスポーツを通じた健全育成や健康づくりに貢献している。

 生まれは旧南部町。22歳で教師となり、60歳で退職するまで38年のうち34年間を龍神村の中学校で勤め、住民からは「冨田先生を知らない人はいない」といわれるほど親しまれている。

 日本体育大学を卒業後、初めて赴任した龍神中学校で陸上部を創設。教師生活中は各校で陸上部の顧問を務め、熱心な指導で多くの生徒を近畿大会等に導いた。教え子からは全国大会優勝者や箱根駅伝ランナーが輩出、74年からの龍神中大熊分校主任時代は、50㌔競歩で3度オリンピックに出場した小坂忠広さんも指導した。

 部活にとどまることなく、72年に村民マラソン大会や龍神村駅伝大会、87年には龍神温泉木の郷マラソン大会、91年には関西実業団駅伝の開催に力を注ぎ、それぞれの大会は今でも続いている。03年には地域総合型龍神スポーツクラブを発足。現在も毎週2~3回、陸上教室を開いているほか、グラウンドゴルフ大会、ビーチボールバレー大会、壮年野球大会、歩こう会を主催しており、子どもから高齢者まで誰でも気軽にスポーツを楽しめる環境づくりを展開している。

 スポーツだけでなく、地域協議会「みらい龍神」を立ち上げ、サトイモ焼酎の販売、田んぼアートなど地域活動のリーダーとしても活躍。冨田さんは「スポーツ推進委員としてというよりも、これまでの活動に対しての表彰だと受け止めています。私自身、学生時代にいい先生に巡り合い、教師時代もいい仲間に恵まれ、行政の協力も大きかった」と感謝。「初めて担任した教え子の子どもに校長として卒業証書を渡すことができたのは、龍神村で長く勤めさせていただいたから。ここでできた人とのつながりは今でも続いており、皆さんのおかげでここまで来ることができました。これからも体の続く限りスポーツの振興に取り組んでいきたいと思います」と話した。

写真=これまでの取り組みを笑顔で話す冨田さん

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る