防災の日 印南町で避難所開設訓練

 「防災の日」の1日、印南町体育センターで避難所開設訓練が行われ、役場や社協職員、議会議員、自主防災会役員、民生委員ら約150人が参加した。台風シーズンを迎え、新型コロナウイルスなど感染症対策を踏まえた避難所での受け入れを実践。いかに「3密」を回避するかが課題で、段ボール間仕切りの組み立てやテレビ会議での情報伝達などを行い、もしもの場合に備えた。

 コロナ禍の中、地震や風水害などの自然災害と感染症による「複合災害」に備え、避難者を安全かつ円滑に避難所で受け入れられるよう、同町初の訓練。開会で日裏勝己町長が「沖縄に台風9号が接近している。幸い西日本にはあまり影響がないと聞くが、今後も台風などの異常気象の中でコロナと闘わなければならない。安全、安心のまちへ、皆さんの力を借りたい」とあいさつした。

 訓練は班に分かれて行い、間仕切りの組み立てでは、専用の段ボールを使って2×2㍍、高さ95㌢の囲いをつくって居住空間を確保するとともに、避難者同士の飛まつ感染を防止。結束バンドで簡単に組み立てられ、参加者はテキパキと作業を行った。

 一部屋に2人入ることができ、全部で48部屋96人分をつくり、一定の間隔を開けて設置。同様にカーテン間仕切りの組み立ても体験した。

 テレビ会議(Zoom)を活用したリモート情報伝達訓練では、避難所と役場災害対策本部をつなぎ、モニターやタブレットで互いの顔が見える形で、避難所の状況を伝えた。避難者の受付では検温を行い、コロナの濃厚接触者かどうか、においや味を感じるかなどの症状の有無を入念にチェックした。

 津井自主防災会の塩路久夫会長(63)は「避難所では感染予防のため、間仕切りが必要だと感じた。組み立ては初めてだが、わりと素早くできた。数が多くてもすぐ組み立てできそう」と話していた。

写真=段ボール間仕切りを組み立てる参加者

関連記事

フォトニュース

  1. 今年で25年目です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る