木曜島の夜会 司馬遼太郎著

 映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼太郎短編集を、昔買ったまま読んでいなかったなと引っぱり出してみました。読んでみると和歌山県とも深い関わりのある一編でした。「司馬版こんな所に日本人」という感じです。

 内容 木曜島は、オーストラリア大陸の北端に浮かぶ小さな島。この海底は、高級ボタンの材料となる白蝶貝の宝庫だった。明治の初め頃から太平洋戦争前まで多くの日本人がこの島で働き、大変な量の貝を採った。友人の伯父が昔、そこで「ダイヴァー」として働いたと聞き、著者は南紀州の熊野・古座川へ友人を訪ね伯父達に会う。岩のような「熊野顔」の彼らに木曜島のことを聞くと少年のような顔になり、「あんな面白いことはなかった、30も若ければもう一度やりたい」と言う。著者が島の歴史を調べると、英国商人は最初、原住民に潜らせたが、彼らは海底を好まず失敗。マライ人、中国人も駄目。日本人だけが、異常なほどの量の貝を海底から採ってきた。英国人の歴史学者は理由として「彼らの精力と成功への強い衝動、高い賃金を得たいという熱望」を挙げていたが、友人の伯父達は「少し違う」という。家族へ仕送りするため金はいくらでも要るが、それだけではない。「初めは欲だが、だんだん金銭から離れてゆく。自分の以前の記録と、他の船に対する競争」だけになるという。

 後半で著者は実際に木曜島へ出かけ、島にただ一人残された元日本人ダイヴァーの家で開かれる夜会に出席するのです。

 「日本人とは何か」というのが司馬氏の生涯を通じての大きなテーマですが、南半球の小さな島でも日本人はやはり日本人であった、という発見が詩情豊かに描かれます。

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る